hisuikai logo
new-color-button01-line-wLetter1
new-color-button02-line-wLetter1
new-color-button03-line-wLetter1
new-color-button04-line-wLetter1
header-simbol
title simbol

FEATURES

翡翠会の特徴

header-simbol
title simbol

FEATURES

翡翠会の特徴

翡翠会ではより良い腎臓病医療を実践するために、以下の3つの特徴を医療の柱として考えております。

サービスの充実

患者様が少しでも快適に透析をしていただけるよう各種サービスを行っております。透析は基本的には週3回永続的に行うものであり、それは本当に大変なことです。そのような状況であっても患者様が少しでも心地よく透析を受けていただけるように、各種サービスを充実させるよう努めております。

個々に合わせた透析医療

透析医療にもいくつかの種類があり設定も異なります。それらは患者様の状態や希望を考慮し相談しながら決定していきます。同じ透析医療でも患者様によって腎臓病の原因となる疾患も年齢も体格も全く異なります。また身体のことだけではなく、生活環境や人生観も人それぞれ違っていて当然です。透析も画一的なものでなく、それら患者様個人の状態・希望に合わせて行うべきものと考えております。
透析には血液透析(HD)や血液濾過(HF)、それらを組み合わせた血液濾過透析(HDF)などの種類があり、使用するダイアライザーやヘモダイアフィルターにもいくつかの種類・大きさがあります。それらの透析方法の選択は、様々な要素を加味して決定していきます。→透析医療についてはこちら
また翡翠会ではInBodyという機械を導入しています。この機械を使用することで、体液量や筋肉量などに関しての状態を把握することができるため、基準体重(ドライウェイト)の設定やトレーニングの評価などに対して役立つものと考えております。

一生涯のおつきあい

通常の透析医療のみならず、透析前の期間そして透析を行いながら人生の最後を迎えるその時までも含めて、なるべく多くの時間で患者様と関わっていきたいと考えております。腎臓病であると言われた時から、この病気との長い付き合いは始まります。腎臓病の原因は様々なものがありますが、現在の医療ではどれも根治が難しいものが多いためそれらとじっくりと付き合っていく必要があります。翡翠会では、一部の施設において保存期と呼ばれる透析前の時期からも患者さんを診ています。(→保存期外来についてへのリンク)そして透析が必要となった場合には、そのまま引き続き同じ施設で透析治療を受けることができます。また様々な理由から自宅での生活や自宅からの通院が困難となった場合や、一人暮らしでは色々と心配であるという患者様などのために新しい施設を開設します。→新施設についてはこちら

features2
header-simbol
title simbol

FEATURES

翡翠会の特徴

翡翠会ではより良い腎臓病医療を実践するために、以下の3つの特徴を医療の柱として考えております。

サービスの充実

患者様が少しでも快適に透析をしていただけるよう各種サービスを行っております。透析は基本的には週3回永続的に行うものであり、それは本当に大変なことです。そのような状況であっても患者様が少しでも心地よく透析を受けていただけるように、各種サービスを充実させるよう努めております。

個々に合わせた透析医療

透析医療にもいくつかの種類があり設定も異なります。それらは患者様の状態や希望を考慮し相談しながら決定していきます。同じ透析医療でも患者様によって腎臓病の原因となる疾患も年齢も体格も全く異なります。また身体のことだけではなく、生活環境や人生観も人それぞれ違っていて当然です。透析も画一的なものでなく、それら患者様個人の状態・希望に合わせて行うべきものと考えております。
透析には血液透析(HD)や血液濾過(HF)、それらを組み合わせた血液濾過透析(HDF)などの種類があり、使用するダイアライザーやヘモダイアフィルターにもいくつかの種類・大きさがあります。それらの透析方法の選択は、様々な要素を加味して決定していきます。
→透析医療についてはこちら

また翡翠会ではInBodyという機械を導入しています。この機械を使用することで、体液量や筋肉量などに関しての状態を把握することができるため、基準体重(ドライウェイト)の設定やトレーニングの評価などに対して役立つものと考えております。

一生涯のおつきあい

通常の透析医療のみならず、透析前の期間そして透析を行いながら人生の最後を迎えるその時までも含めて、なるべく多くの時間で患者様と関わっていきたいと考えております。腎臓病であると言われた時から、この病気との長い付き合いは始まります。腎臓病の原因は様々なものがありますが、現在の医療ではどれも根治が難しいものが多いためそれらとじっくりと付き合っていく必要があります。翡翠会では、一部の施設において保存期と呼ばれる透析前の時期からも患者さんを診ています。(→保存期外来についてへのリンク)そして透析が必要となった場合には、そのまま引き続き同じ施設で透析治療を受けることができます。また様々な理由から自宅での生活や自宅からの通院が困難となった場合や、一人暮らしでは色々と心配であるという患者様などのために新しい施設を開設します。→新施設についてはこちら